緩和ケア病床について


がんは日本人にとって無視出来ない病気です。そのため、多くのクリニックではがんサポート外来を設けており、がん緩和ケアを行っています。がん緩和ケアは患者さんと家族の精神面サポートを行っており、がん緩和ケア専用の病床を用意していることもあるのです。

緩和ケア病床こういった緩和ケア病床は家族と患者さんが一緒に過ごせる空間となっており、和室、キッチン、バス、トイレなどを完備しているのです。まるで自宅のような空間になっていることから、落ち着いた雰囲気でがん緩和ケアを受けられます。

がん治療での入院中は病院のスケジュールによって食事や入浴が行われます。しかし、緩和ケア病床であれば自宅のような空間となっていることから、ある程度自由に時間を使うことが出来るのです。緩和ケア病床によって自宅で過ごしているような気分となり、リラックスした時間を過ごすことが出来ます

また、がん緩和ケアに関わっているスタッフは医師と看護師だけではありません。薬剤師、カウンセラー、ソーシャルワーカー、栄養管理士、リハビリ専門職などのスタッフが関わっており、緩和ケアチームが構成されているのです。こういったチームが構成されることで1人で抱え込むことがありません。