がん緩和ケアについて


がんは日本人の死因で最も多い病気で、3人に1人ががんで亡くなっています。そのため、がんになることで落ち込みや悲しみ、絶望などの精神的な苦痛に苦しめられることも多いのです。これはがん患者だけでなく家族も苦しむことになります。そのため、多くのクリニックではがんサポート外来や緩和ケアを行って、精神的な苦痛を軽減させているのです。

がんがん緩和ケアは治療が出来なくなった患者さんに行われるものではありません。末期がん患者さんに行われるイメージがありますが、そのようなことはありません。がん緩和ケアはがん治療の初期段階から行われており、そこには多くのメリットがあるのです

がん治療には吐き気、痛み、倦怠感などが伴いますが、がん緩和ケアによってこれらが緩和されます。そのため、がん治療に対して前向きになれるのです。関内にあるクリニック「ほしの内科」では、西洋医学と東洋医学を統合した健康サポートを行っていて、その中にはがんサポートも含まれています。西洋医学に漢方や針灸医学を加えて治療していくようですが、ヨガやアロマテラピー、呼吸法や音楽などの古今東西の治療も併用してすすめていきます。

西洋医学に加え、漢方医学と鍼灸医学の3つを治療の柱としますが、必要に応じて、栄養・運動・温熱・瞑想・ヨーガ・呼吸法・サプリメント・アロマセラピー・音楽など、古今東西の治療法を併用します。

さらに、がん治療の苦労はがん患者だけではありません。家族も同様に精神的なダメージを受けてしまうのです。しかし、がん緩和ケアは家族に対しても行われますので、家族も安心して生活が出来ます。また、がんと診断されることで仕事などの社会的問題が発生してしまいますが、がん緩和ケアではそういった部分のサポートも行っています。