緩和ケア病床について

がんは日本人にとって無視出来ない病気です。そのため、多くのクリニックではがんサポート外来を設けており、がん緩和ケアを行っています。がん緩和ケアは患者さんと家族の精神面サポートを行っており、がん緩和ケア専用の病床を用意していることもあるのです。

緩和ケア病床こういった緩和ケア病床は家族と患者さんが一緒に過ごせる空間となっており、和室、キッチン、バス、トイレなどを完備しているのです。まるで自宅のような空間になっていることから、落ち着いた雰囲気でがん緩和ケアを受けられます。

がん治療での入院中は病院のスケジュールによって食事や入浴が行われます。しかし、緩和ケア病床であれば自宅のような空間となっていることから、ある程度自由に時間を使うことが出来るのです。緩和ケア病床によって自宅で過ごしているような気分となり、リラックスした時間を過ごすことが出来ます

また、がん緩和ケアに関わっているスタッフは医師と看護師だけではありません。薬剤師、カウンセラー、ソーシャルワーカー、栄養管理士、リハビリ専門職などのスタッフが関わっており、緩和ケアチームが構成されているのです。こういったチームが構成されることで1人で抱え込むことがありません。

がん緩和ケアについて

がんは日本人の死因で最も多い病気で、3人に1人ががんで亡くなっています。そのため、がんになることで落ち込みや悲しみ、絶望などの精神的な苦痛に苦しめられることも多いのです。これはがん患者だけでなく家族も苦しむことになります。そのため、多くのクリニックではがんサポート外来や緩和ケアを行って、精神的な苦痛を軽減させているのです。

がんがん緩和ケアは治療が出来なくなった患者さんに行われるものではありません。末期がん患者さんに行われるイメージがありますが、そのようなことはありません。がん緩和ケアはがん治療の初期段階から行われており、そこには多くのメリットがあるのです

がん治療には吐き気、痛み、倦怠感などが伴いますが、がん緩和ケアによってこれらが緩和されます。そのため、がん治療に対して前向きになれるのです。関内にあるクリニック「ほしの内科」では、西洋医学と東洋医学を統合した健康サポートを行っていて、その中にはがんサポートも含まれています。西洋医学に漢方や針灸医学を加えて治療していくようですが、ヨガやアロマテラピー、呼吸法や音楽などの古今東西の治療も併用してすすめていきます。

西洋医学に加え、漢方医学と鍼灸医学の3つを治療の柱としますが、必要に応じて、栄養・運動・温熱・瞑想・ヨーガ・呼吸法・サプリメント・アロマセラピー・音楽など、古今東西の治療法を併用します。

さらに、がん治療の苦労はがん患者だけではありません。家族も同様に精神的なダメージを受けてしまうのです。しかし、がん緩和ケアは家族に対しても行われますので、家族も安心して生活が出来ます。また、がんと診断されることで仕事などの社会的問題が発生してしまいますが、がん緩和ケアではそういった部分のサポートも行っています。

クリニックのがんサポート

がんによって亡くなる方は非常に多いことから、さまざまな治療方法が開発されています。そのひとつとして注目されているのが、がんサポート外来です。がんサポート外来とは患者さんの肉体的、精神的なつらさを改善するためにカウンセリングを行っており、これは家族に対しても行われています。

がんサポート外来がん患者さんや家族は精神的に孤立してしまいます。そのため、患者さんや家族を孤立から守るため、希望や関心事を与えるためのプログラムとしてがんサポート外来があるのです。がんサポート外来は多くのクリニックで導入されており、これによって安心してがん治療に専念出来ます。そして、サポートのコミュニティが確立されることで、患者さんと家族は希望を持つことが出来るのです。

また、がんサポート外来は精神面のサポートだけではありません。精神面が満たされることで免疫力が向上し、がんが改善されることもあるのです。特に楽しい感情は免疫系の働きを高める効果があり、辛い感情や寂しい感情は免疫系の働きを低下させてしまいます。がん患者の多くは無用の孤立、主体性の喪失、絶望などの感情に支配されてしまい、これによって免疫力が低下しているのです。しかし、がんサポート外来によってそういった感情を払拭することが出来ます。

こちらではがん緩和ケア緩和ケア病床について解説をいたします。これによって免疫力を高めることが出来るでしょう。これはがん患者だけでなく家族にも安心感を与えます。